人気ブログランキング |

音楽、海、南の島の話


by tropicaldandy_sin

MDギターSA101 松原正樹さんモデル

MDギターSA101 このギターは、名ギタリスト松原正樹さんのために作られ、2015年のパラシュートツアーと、松原さんのプロデュースしたレコーディングにのみ使用された、ES335タイプのセミアコギターです。ヘッドには、鶴の蒔絵が座し、ドットはアヴァロン、キルトのサイド及びバックの仕様で、MRファーストコールの使用にふさわしい豪華な印象を受けます。カラーは、レッドで、ギブソンES335のビンテージを思い出させます。

e0166525_15285696.jpg

e0166525_15293552.jpg

ところで、ギブソンのES335は数多く試奏したり所有したりしました。

ES345 1959 私が試奏したギターはクラックの入った枯れた鳴りの良い345でネックとボディーの作りが丁寧でしっかりとした個体でした。若干フラットながらも柔らかく鳴る印象のギターでした。

ES335 1959 世界的に著名なアメリカ人ギタリストがバリーアーツで改造したES335をオークション前に試奏させていただきました。その時の印象はしっかりとしたギターでフラットな音質でハイローのバランスがとれたギターという印象でした。

ES335 1968 ティーバースト ※クラックあり 枯れて倍音が豊かでラリーカールトンの音質に似てるなぁという印象のギター。1フレットの幅が比較的狭く、同年代のギブソンJ45のネックを思い出させました。

ES335 1968 ※クラックなし 甘い音のする倍音のあるギター。上記のティーバストの335より1フレットの幅が広かったと記憶しています。

ES335 1974 箱鳴り感のあるギター。センターブロックの影響か、このころのギターは箱なりはするものの中域に芯のある音質ではなく、どちらかといえばジャズ向きな感じのするギターでした。

ES330 1960 センターブロック無しで、箱鳴りのするジャズ向きのギター。箱鳴り感はギブソンの上位機種を凌駕する感じのギターでした。

主観的ながら、いろいろ弾いてみて分かったことは、センターブロックが音質に与える影響は非常に大きいように感じます。また、ビンテージのギターは1本づつ音質が違いますが、まろやかで柔らかいアタック感がするという共通点があるように思います。

MDSA101はこのビンテージギターが共通して持つ音のまろやかさと太さを併せ持っています。こだわりのセンターブロックからの倍音は柔らかく甘い音がします。枯れた時は、ES335より箱鳴りすることは間違いないように感じます。またボディーサイズもレギュラー品より若干小ぶりで、取り回しが楽です。ネックは太すぎず細すぎず、一言で言えばビンテージのES335を小ぶりにして、いろいろな弱点を改良し、製造された時のコンディションにもどしたギターのように感じます。

e0166525_15302784.jpg


by tropicaldandy_sin | 2019-08-10 15:46 | ギター